上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はそれぞれの鍵盤のオプションについて自分なりの解釈で紹介していきます。
「そんなの知ってるよ!」という方もいるとは思いますが、今回も最後まで付き合っていただければ幸いです。

option

BATTLE(1鍵):2人同時プレイ時のみ。これを外すとカップルプレイになります。気になるあの子と仲を深めよう!

STYLE(2鍵)
・RANDOM:通称「乱」。その名のとおり、譜面のレーンがランダムになります。癖がつくのを防ぐため、または様々な譜面に対応できるための練習として役立ちます。
・MIRROR:通称「鏡」。譜面を鏡のようにオブジェが入れ替わります。1P(or2P)殺しと言われる譜面に付けると難易度が左右されます。
・S-RANDOM:通称「S乱(スパ乱)」。オブジェ単体でランダムに入れ替わります。これを付けると縦連が増える不思議。

FLIP(3鍵):ダブル、またはカップルプレイ(バトル解除時)のみ。左右の譜面が入れ替わります。

GAUGE(4鍵)
・EASY:通称「易」or「緑」。見た目はノマゲと同じ(一部モード除く)ですが、ミス時のゲージ減少量が少なくなります。これを付けるか否かは賛否両論。
・HARD:通称「難」or「白」。0%になり次第終了。ミス時のゲージ減少量が多いため、緊張してかえってBPが増える、なんてケースも少なくありません。譜面によってはこれを付けた方がノマゲ等より簡単になることも。

RANGE(5鍵)
・SUDDEN:レーンの上部を隠します。
・HIDDEN:レーンの下部を隠します。
SUDDEN+・HIDDEN+:隠す範囲やハイスピも用いてBPMに応じた速度を調節できます。白数値はレーンカバーの位置、緑数値はオブジェの表示時間を示します。また、e-AMUのカスタマイズでレーンカバーのデザインを変えて楽しむ、ということもできます。
・LIFT:判定ラインを上下に調節できます。背が高くて見づらいという方やCSに慣れてしまって判定迷子になるという方などにもオススメ。

ASSIST(6鍵)
・AUTO SCRATCH:ターンテーブルのレーンを自動演奏します。鍵盤に集中できる反面、ビートマニアならではの魅力が欠けてしまうという欠点があります。
・5KEYS:1P側は6・7鍵、2P側は1・2鍵のレーンを自動演奏します。これを常備すると7鍵に弱くなるためオススメできませんが、2P側でプレイすれば5鍵時代のように楽しめるかも・・・?
・LEGACY:訳「遺産、遺物」。CN・BSSを先頭のオブジェのみに変えます。特にAlmagestだと難易度が大きく変わってしまいますが、やはりこういうのはレガシーに限らずアシスト無しでクリアさせたいものです。

SPEED(7鍵)
・HI-SPEED 0.5~5.0:必須オプション。譜面の降りが早くなる分、OFF時より見やすくなります。ソフラン曲をやる際プレー中のギアチェンジが鍵となることもあります。かつてはこれと正反対のLOW-SPEEDというオプションも存在していました。

モードによって一部制約されることはありますが、これらのオプションを活用してこそ、自分ならではのプレースタイルが生まれるんだと感じています。

テーマ:beatmaniaIIDX


管理者にだけ表示を許可する

Profile

れいな

Author:れいな




・1P側
運指:1048式、右手北斗
・2P側
運指:対称固定

SP クリア状況
☆8 ☆9 ☆10 ☆11


>> プロフィール詳細

アイコン:conamix@えむでけさん作

[連絡先]
spiralgalaxxxxy07*gmail.com ※「*」を「@」に変換

Counter

Search

QR Code

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。